石川県金沢市AK美容会野町デンタルクリニック くいしばり歯ぎしり顎関節症にボトックス治療 
金沢市歯科 歯医者さんでの咬筋ボトックス エラ 顔やせ
咬筋ボツリヌス治療(歯ぎしり、食いしばり 顎関節症にボトックス治療)




こんな方はご相談ください

・就寝中の歯ぎしりの緩和
・食いしばりの緩和
・歯ぎしりによる歯の摩耗(すりへり)抑制 
・知覚過敏がなおらない
・歯がかけるのを予防
・セラミックやインプラント 又は自分の歯の破折予防
・食いしばりで起こる肩こり、頭痛などの緩和
・顎関節症の緩和  など


くいしばり 歯ぎしりをする方が非常におおい!
ストレス社会 なにが起きているのか!?
毎日何人もの患者さんを診てて感じるのは、、食いしばり、歯ぎしり痕のある方が非常に多い ということです。
ストレス社会の影響、それは夜間の無意識の歯ぎしり 食いしばりに現れるようです。

すると、、朝おきるとアゴがだるい 肩こりがひどい 片頭痛がある 目の疲れとして現れる方もいるようです。
また、食いしばる事で 骨破壊がおき歯周病が進行します  
常に知覚過敏が慢性的におき悩まされている方も多いです  
つめもの、かぶせものがよく取れるのも歯ぎしりが影響しています。
ひどいと、自分の歯にひびが入り 割れてしまう方もいます。

今まで治療方法がありませんでした。。。

マウスピース? →→ 歯ぎしりが治るわけではない。 歯がすり減るのをふせぐ、そのかわりにマウスピースがすり減る 消耗品である。  くいしばりには効果がない。 入れて寝にくい 
漢方治療?   →→ 効果がいまいち効いてるのかよくわからない。
そこで、咬みあわせに関する筋肉 咬筋に対しボトックス治療!

咬みあわせに関する筋肉 咬筋
咬筋はかむ動き使われる筋肉です、かみしめ癖などの食いしばりが何年も続くと この咬筋が必要以上に発達し肥大(膨張)している状態になります これを咬筋肥大といいます。筋肉ムキムキの状態です。

これにより、ますます咬む力は増し 顎の痛み、血行不良、ストレス、頭痛、肩こり、えら張り、むくみなどの原因になる可能性があります

この咬筋を一時的に弱くすることで、くいしばる力を弱める というわけです。

「ボトックス(ボツリヌストキシン)とは」
ボツリヌス菌がうみだす複合体毒素そこから抽出されるタンパク質の一種
ボツリヌストキシンは神経筋接合部などでアセチルコリンの放出を妨げる働きをすることで
筋を弛緩させる効果がある。

毒素、とあるとちょっとコワく感じますよね、ですが、歯科で咬筋に対して使う量は致死量の100~300分の一以下で、濃度も非常に薄めた少量を使用しますので 一度に100本以上注射することがない限り命に別状はありません。 

しわ取りや 小顔治療として 美容業界でよく使用されていますが もともとは
医療現場で 眼瞼痙攣(まぶたのケイレン) 片側顔面ケイレン 上肢下肢ケイレン あるいは多汗症
などには厚生労働省の承認を受けて健康保険適応となっております。

「治療時間について」
施術は5分程度 表面麻酔をする場合は40分ほど 
ただ、自身でやった実感としては別に表面麻酔せずともたいした痛みはなかったです。 

「効果の持続について」
6か月ほどで効果がきれます。 
ではずーと打たなければならないか?
 いいえ、その間、筋肉はやせた状態なので 大体1~2度 つまり1~2年もすれば その後必要なくなります。
ご自身でまた、咬みあわせ くいしばり強くなってきたな と 思ったら施術すればよいかと。

「副作用について」
施術部位が、重たい感覚が1~2日ほど 
自分はもみほぐしたくなる感覚でした、予防接種のあと のような。

「費用について」
45000円(税抜)  量、濃度を調節し2~3回に分けて注入することもあります。

| 金沢市歯科衛生士正社員求人募集歯科衛生パート募集 >>